admin

主要ミネラルについて

一日に100mg以上の摂取が必要となるものを「主要ミネラル」というそうです。カルシウム、リン、カリウム、硫黄、塩素、ナトリウム、マグネシウムの7種類があるそうです。

ミネラルというのはそれ自体がエネルギー源になるわけではないそうです。ミネラルの働きというのは大きく分けて4つの働きを持っているそうです。①歯や骨などの構成成分となるそうです。②筋肉、皮膚、臓器の構成成分となる。③体内で浸透圧やpHを調節する。④体内の化学反応に関わる酵素の働きを助ける補酵素として働く。だそうです。

食事からとるミネラルが不足したり、過剰になりすぎると、欠乏症や過剰症が現れるそうです。血液中のカルシウムは常に一定の濃度を保っていなければならないそうです。そのため食事から十分にミネラルがとれないと骨からカルシウムを取り出してしまうそうです。これが骨粗鬆症を招く要因だそうです。

新たなアプローチの兆し

一つ一つの病気、様々な障害に個別に対応するのではなく、総称である老年病という一つの病気に対する治療を優先させる事が出来る。これが可能となれば、高齢医療のありようを大きく変える可能性も出てくると言えるでしょう。

個々の病気の解明や治療法の開発は、もちろん今後も必要です。老年病に分類される認知症、糖尿病、がん等いずれも多くの人を苦しめている病気です。その一方で、これらの病気がかなりの難敵である事もまた事実。

長い模索の末に治療効果が上がってきたというケースもありますが、いずれも多くの人を苦しめている病気です。そうした病気に老化が影響しているならば、あるアプローチが考えられます。

アルツハイマー病や糖尿病に対して、老化を止める(緩める)事で病気の進行も止める(緩める)アプローチも成立するのではないか、という事です。

身近な死を乗り越えるということ

悲しい死別の場面は、患者の中で言うなれば「蓋をされている状態」でしょう。蓋を開ければ、生々しい感情が出てきます。しかしそういう状態では、いつまで経っても現実を受け入れて整理していく事が出来ないでしょう。

それを敢えて口にする事で、未整理だったものを徐々に整理していく事も大切だと思うのです。このような治療法が現在、複雑性悲嘆に対する有効性を証明された治療法であるとされています。

その一方で注意して進める必要がある繊細なものでもあります。一定のトレーニングを受けた精神科医や臨床心理士の指導のもと、患者さん本人にも治療内容を十分に理解してもらった上で、細心の注意を払いながら治療を行うのです。

死別という悲しみは絶え間なく、ふとした瞬間に喪失感を抱く事もあるでしょう。ただ、それで日常生活まで蝕まれてしまう事はないと思います。どんなにこじれた悲嘆であっても、必ず出口がどこかにあります。

複雑性悲嘆に抗うつ薬が効かないわけ

複雑性悲嘆の原因が脳の側坐核という場所のシステムの誤作動にあるならば、うつ病を疑って抗うつ薬を処方してもなかなか治らなくて当然と考えられます。

抗うつ薬はセロトニンとノルアドレナリンという神経伝達物質に作用する薬です。一方で側坐核で主に働くのはドーパミン。

作用する物質がそもそも違うのです。この複雑性悲嘆は、実際にどのくらいの割合で起こっているのでしょうか。

国内の調査では、全国の18歳以上の大人で、愛する人を亡くす体験をされた方のおおよそ15%~20%の人が、少なくとも一度は複雑性悲嘆に相当する症状にあったと推定されています。実態がようやくわかってきた今日、治療法を確立しようという模索も新たにはじまっています。

土壌の環境を守ろう「除草剤」の使い方

最近ではご自宅の周辺に生える雑草を除草剤で処理するご家庭が増えているようです。実際に野菜などの農作物を栽培する畑でも除草剤は、きちんとした安全性の管理を行った上で使用されているようです。緑豊かな自然を好む私たちが、街中や自宅などの住居環境のなかで植物を枯らすということに、昨今は違和感を覚えない方々が増えてきているようです。雑草は刈るものだと考えていた時代の人々にとっては、薬品で植物を枯らしてしまう目の前の光景に、近未来の人々の暮らしぶりが心配にもなる日々でもあります。土があれば植物は育つもので、植物が育つことで、さらなる動植物が集まり、私たち人間の生活をも豊かにしてくれるはずなのです。農作物を育てる農場においても、栄養をたっぷりと含んだ土壌を育てるためには、ミミズの存在がしばしば注目されますが、ミミズは農耕地の「耕作者」などと呼ばれるほど土壌を良くするためには必要不可欠な存在でもあるようです。近年、多くの農耕地にも使用されるようになった除草剤は、ミミズなどの小動物の生態に影響が出るのではないかと考えられているようですが、除草剤を使用する上できちんと計算された適量の散布を行う分には、土壌の微生物やミミズなどへの小動物への影響は一時的なものにとどまるなどとも言われているようです。除草剤などの乱用することにより土壌への悪影響は考えられますが、きちんと管理された除草剤の適量を守った上で使用する分には、長期的な悪影響はみられないというような報告もあるようなのです。それ以前に土壌への悪影響などとして考えられているのは、過剰な堆肥の投入などがあげられているようです。

農園のスケジュールを管理しよう

家庭菜園を始めたばかりの人々が陥りがちなことの一つに、同じ野菜を同じ時期にたくさんの量を作りすぎてしまい、ご自宅で食べきれないなどと言って、後に処分しなくてはならなくなってしまうというような状況です。このように同じ野菜を同時期に作りすぎてい処分に困ってしまうといったお悩みを解決するには、まずは農園全体のレイアウトをきちんと把握し、その中でどういったシーズンに、どのようなものをどのくらい作るのかと言った、農園のスケジュール管理、さらにはレイアウト管理が必要となってくるでしょう。農園全体の敷地をブロックごとに分けたりなどして、同じ野菜であっても少しずつ植える時期をズラすことなどの工夫が必要とも行ってきます。またきちんと農園のレイアウトやスケジュールを計画立てることで、連作障害などといったものを避けることにもつながるでしょう。また農園のレイアウトを決める際に、必要なことの一つに堆肥を作ることも必要です。完熟した堆肥を作ることによって、美味しく元気な野菜づくりにつながるはずです。

「アボカド」は、ワニと梨?

「森のバター」などと呼ばれる「アボカド」は、「アボガド」と呼ぶ方もいらっしゃいますが、正式名称としては「アボカド」と表記することが望ましいとされているようです。「アボガド」と呼んでも多くの人々に伝わりますので、特には筆者自身は気にしておりませんが、まれに「ワニナシ」などと呼ぶ方もいらっしゃっるのですが、これはアボカドの皮の部分がワニ皮にていることなどからそのように呼ばれてもいるようです。見た目も洋梨のような形でありますから、納得のいく呼称でもあります。アボカドのことを「お野菜」であると考えていらっしゃる方も多いかもしれませんが、実はアボカドは「果物」の仲間であるのです。ご存じの方も多いとは思われますが、お野菜の中でも「イチゴ」や「メロン」「スイカ」などは皆さんフルーツ屋さんでも購入されるかもしれませんが、お野菜の仲間として知られております。なんとも不思議なお話ですが、世の中がそのようになっておりますので、「イチゴ」「メロン」「スイカ」は野菜なのです。

健康的な食事バランスを考えよう

皆さんが日々のお食事のメニューを迎えるにあたって、タンパク質・脂質・炭水化物の「三大栄養素」を気にされていらっしゃる方も多いかもしれませんが、その「三大栄養素」にミネラル・ビタミンが加わることによって体の調子を整え活動のエネルギーとなる「五大栄養素」となるようでえす。「五大栄養素」は、タンパク質・脂質・炭水化物・ミネラル・ビタミンの5つのの栄養素からなるものでありますが、実際には、この他にも食物繊維・ファイトケミカルなどの様々な栄養素の相互作用によって皆さんの健康的なエネルギーを生み出しているのです。毎日の食事をバランス良く召し上がっていただくことによって、健康を維持することができるという考えは、数多くの栄養素を豊富にバランスよく摂取していただくことによって、体の機能がそれぞれに十分に働くことができるという意味合いがあるそうです。現代人の食生活の中では、油や甘味料の過剰摂取が懸念されておりますが、巷で噂されている健康食品などを過剰に摂取することも、皆さんの健康被害につながることもあるようです。すでに毎日の食生活の中で実際には、十分に摂取できている栄養素を、健康食品などで過剰に摂りすぎてしてしまいますと、不要な栄養素が体内に蓄積することによって思わぬ体調不良などに繋がることもあるようです。何事もほどほどが良いなどとも言われますが、サプリメントなどが身体に良いからといって、乱用されることは健康的な身体づくりにつながらないのは、栄養素のバランスや量に問題があるからなのです。

市民農園の注意点

市民農園や家庭菜園などでお野菜を作っていらっしゃる方にとって、その収穫時期ともなると大変楽しみなものであるのではないでしょうか。季節によって様々な作物を生み出してくれる農園には週末ともなると、家族連れの姿も、最近では数多く見られているようです。さらにはオーガニック野菜のブームなどから、無農薬野菜など化学肥料や農薬を使わずにこだわりの自然農法によって、野菜作りを試みる方々も増えているようです。自然農法を試みる方々のなかには、改めて自然の恵みのありがたさを感じている方々も多いようです。そのような自然農法を試みる人々の中で、注目されているのはコンポストは、人々の暮らしの中で排出されるくず野菜などをサイクル循環させる堆肥をつくるための装置でもあります。実際の農園でも見かけたことがあるかもいらっしゃるのではないかと思われますが、現場においては自然農法などと言いましても、様々な方法がありまして、堆肥を手作りされる方もいれば、ホームセンターなどであらかじめ大量生産された堆肥などを購入してくる方々もいるようです。コンポストをなどで堆肥を作る際には、長年の熟練を必要とする技なども必須となってきますので、農園作りを開始される方にとっても堆肥づくりは長期的なプランなどが必要となってくるのではないでしょうか。