セロリ

セロリの漬物というのが大好きです。セロリ独特の臭みが取れて、でもサクサクしていて、とても美味しいものです。自分で漬けてみようとは思うのですが、なかなかうまくできません。

セロリの主成分というのは、アピインです。これは解毒作用があって、頭痛やイライラを沈めてくれることでも知られています。

ビタミンA、B1、Cといったビタミンや、マグネシウムや鉄分を多く含んでいるのが特徴です。これらの成分は、貧血の改善や美肌づくり、更年期障害にも期待できる野菜です。

セロリ、パセリ、ニンジンというセリ科の野菜には、血液をサラサラにする成分がたくさん含まれています。そのため、心筋梗塞や脳梗塞などの血栓症の予防にとても効果的な野菜といえます。

頭痛やイライラを沈めてくれて、血液もサラサラにするというセロリは積極的に摂りたい野菜といえます。

効果をまとめると、強壮・強精作用、貧血や肝臓病、血栓症の予防や改善にも有効ということです。葉っぱにもたくさんのビタミンが含まれています。油で炒めるとカロチンの吸収率が高まります。

ビタミンAは、貧血予防や動脈硬化の予防、肝機能強化が期待できます。民間療法として、ニンジン2本、りんご1個、セロリ100gの生ジュースを朝食の代わりに毎日飲むと、脳血栓、心筋梗塞、肝臓病の改善されます。

野菜は毎日食べることが大切です。食べにくい野菜は、ジュースにして飲むととりやすくなります。

セロリはクセがあって、嫌いという人もけっこういます。子どもにもあまり人気がある野菜とはいえません。

シチューやスープにするのもいいと思います。トマトとの相性が抜群なので、トマトジュースやトマトスープ、ケチャップを使う料理に使って食べましょう。

「グリーングリーン!!」Top Page