スイカ

スイカは水分が90%以上です。利尿作用が強力です。スイカにはたくさんの薬効があることでも知られています。具体的には、高血圧や腎炎、むくみ、心臓病、腎臓病といったものや、二日酔いなどに有効です。これらは、スイカに含まれるアミノ酸、カリウム、リコピン、カロチンなどが働いてくれるだからです。また、解熱作用や抗炎症作用もあります。発熱したときや膀胱炎にもよく効きます。からだを冷やしてくれるのですが、冷え性の人は注意です。冷え性の人は、すいか糖といって、果汁を飴状にしたものを利用しましょう。スイカに含まれるリコピンは、疲労回復、老化防止、がん予防に有効です。シルトルリンは、強力な利尿作用にききます。むくみ防止や二日酔いにも効きますし、腎炎予防もしてくれます。利尿、解熱作用で結石にも有効です。暑さを利用する効果もあります。スイカの効果をまとめますと、口の渇き、むくみ、高血圧の改善、心臓病、腎臓病の予防となります。果肉を3個分ほど布でしぼって、5時間から6時間煮詰めたものを、お湯割りで一日1〜2杯飲むと、高血圧、むくみ、腎臓結石の予防になります。これは冷蔵庫に保存することができます。ただ、6時間あまりも煮詰めるというのは大変ですね。スイカはジュースやシャーベットというイメージがあります。緑の皮を向いた白い部分は、お漬け物で食べたりします。スイカのジャムなども美味しいです。スイカには栄養満点で、夏にはぜひ食べたい果物です。スイカの皮でスープにすることもできます。野菜の代わりに白い部分を使ったレシピに挑戦するのもいいと思います。デザートとしてだけでなく、食べたい果物です。夏の暑さを解消しましょう。