土壌の環境を守ろう「除草剤」の使い方

最近ではご自宅の周辺に生える雑草を除草剤で処理するご家庭が増えているようです。実際に野菜などの農作物を栽培する畑でも除草剤は、きちんとした安全性の管理を行った上で使用されているようです。緑豊かな自然を好む私たちが、街中や自宅などの住居環境のなかで植物を枯らすということに、昨今は違和感を覚えない方々が増えてきているようです。雑草は刈るものだと考えていた時代の人々にとっては、薬品で植物を枯らしてしまう目の前の光景に、近未来の人々の暮らしぶりが心配にもなる日々でもあります。土があれば植物は育つもので、植物が育つことで、さらなる動植物が集まり、私たち人間の生活をも豊かにしてくれるはずなのです。農作物を育てる農場においても、栄養をたっぷりと含んだ土壌を育てるためには、ミミズの存在がしばしば注目されますが、ミミズは農耕地の「耕作者」などと呼ばれるほど土壌を良くするためには必要不可欠な存在でもあるようです。近年、多くの農耕地にも使用されるようになった除草剤は、ミミズなどの小動物の生態に影響が出るのではないかと考えられているようですが、除草剤を使用する上できちんと計算された適量の散布を行う分には、土壌の微生物やミミズなどへの小動物への影響は一時的なものにとどまるなどとも言われているようです。除草剤などの乱用することにより土壌への悪影響は考えられますが、きちんと管理された除草剤の適量を守った上で使用する分には、長期的な悪影響はみられないというような報告もあるようなのです。それ以前に土壌への悪影響などとして考えられているのは、過剰な堆肥の投入などがあげられているようです。